• 商品情報
  • 産業とのかかわり
  • サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ
  • 採用情報

HOME > 企業情報 > 沿革

沿革

1934年~

社業のあゆみ 技術開発の歩み
1934年[昭和9年] (株)久保田製作所として設立 ジョルトスクィーズ造型機(W型)開発
1943年[昭和18年] ジョルトスクィーズ造型機(F型)開発
1944年[昭和19年] ショットブラストの心臓部であるインペラーユニット発明
1946年[昭和21年] 本社事務所・本社工場を名古屋市昭和区に移転

ページトップ

1950年~

社業のあゆみ 技術開発の歩み
1950年[昭和25年] ショットブラスト国産第一号機(SCB型)開発
1951年[昭和26年] わが国初の鋳造プラント完成
1954年[昭和29年] 名古屋証券取引所に株式上場 シェルモールドマシン第一号機(SHM型)開発、鋳造プラント初輸出
1957年[昭和32年] (株)メイキコウ(旧名古屋機工(株))に資本参加 自動造型機(AFD型開発)
1959年[昭和34年] 豊川製作所第一期工事が竣工 ホイールアブレーター社(アメリカ)とショットブラスト及び集塵装置について技術提携

ページトップ

1960年~

社業のあゆみ 技術開発の歩み
1960年[昭和35年] 新東工業株式会社に社名変更
東寿興産(株)(旧(株)久保田製作所、(株)東伸社)を設立
バッグフィルター式集塵機完成
シンプソン・インターナショナル社(アメリカ)と混練機について技術提携
1961年[昭和36年] 本社を名古屋市中村区に移転
大阪証券取引所第一部に株式上場
ハーマン・ニューマチックマシン社(アメリカ)と高圧自動造型機について技術提携
1962年[昭和37年] 東京証券取引所第一部に株式上場
1963年[昭和38年] 新東ダストコレクタ(株)を設立
新東ブレーター(株)を設立(ホイールアブレーター社(アメリカ)との合弁)
1964年[昭和39年] 新東冷間鍛造(株)を設立
1965年[昭和40年] 全生産体制を豊川製作所に集結 各種シェルマシン開発(CHS型、CSV型、CSL型、CBR型)
1966年[昭和41年] アルミ用8ステーション金型鋳造機(PM型)開発
1968年[昭和43年] 東部シントー(株)(共立設備工業(株))に資本参加
西部新東工業(株)(旧市川工務(株))に資本参加
台湾新東機械股(有)を台湾に設立
一宮工場を建設
コールドボックスマシン開発
フォーダス社(イギリス)と連続式混練機について技術提携


1969年[昭和44年] 東伸産業(株)を設立
新東研究所を開設、実験工場を併設

ページトップ

1970年~

社業のあゆみ 技術開発の歩み
1970年[昭和45年] 新東研修会館が完成
韓国新東工業(株)を韓国に設立
金森新東(株)を設立
レーブン社(西ドイツ)と電磁振動ふるい機について技術提携
薬液酸化洗浄式脱臭装置開発
鋳鉄の金型鋳造法に関してソ連と技術提携
1971年[昭和46年] 飛建産商(株)に資本参加 ディタート社(イギリス)と鋳物砂試験機について技術提携
砂処理のオンラインシステム(SSDシステム)開発
1972年[昭和47年] (株)Vプロセス設立に参加 Vプロセス鋳造装置開発
国際的な事業展開がはじまる
ポーランド向けに環機具生産用大型鋳造プラント成約
(株)Vプロセス設立に参加
1973年[昭和48年] 中部新東工業(株)(旧梶本新東(株))を設立 ビュラ-社(スイス)と空気輸送装置について技術提携
1974年[昭和49年] 九華産業(株)に資本参加
ホイールアブレーター・シントー・ド・ブラジル社をブラジルに設立(ホイール・アブレーター社(アメリカ)との合弁)
1975年[昭和50年] 新東工営(株)を設立
ハインリッヒ・ワグナー・シントー社(旧ワグナー・シントー社)を西ドイツに設立
1977年[昭和52年] ハーマン・シントー・Vプロセス社をアメリカに設立
台湾百利達股(有)台湾に設立
1978年[昭和53年] 床面研掃機ブラストラック完成
1979年[昭和54年] 静圧造型機(APS型、FBS型)開発、以後、世界の鋳物づくりの主流となる
静圧造型機(APS型、FBS型)開発、以後、世界の鋳物づくりの主流となる

ページトップ

1980年~

社業のあゆみ 技術開発の歩み
1980年[昭和55年] シャルコ社(アメリカ)とコールドボックスマシンについて技術提携
1982年[昭和57年] 技術本館(2号館)を建設
1983年[昭和58年] (財)永井科学技術財団(旧(財)永井科学技術研究奨励基金財団)を設立 通気性セラミック型「ポーセラックスI」開発
吸圧造型機開発
銅合金金型開発
1985年[昭和60年] 豊川製作所第二工場が竣工
豊川製作所第三工場が竣工
プラスチック真空成形機開発
1986年[昭和61年] 新生産方式(NPS)を導入
東京研究所を開設
新東エンジニアリング(株)を設立
韓国ブレーター(株)を韓国に設立
1987年[昭和62年] ロバーツ・シントー社をアメリカに設立 新東メカトロパワーシリンダー開発
1988年[昭和63年] サイアム・ブレーター社をタイに設立
1989年[平成1年] 静圧造型機(APK型)開発

ページトップ

1990年~

社業のあゆみ 技術開発の歩み
1990年[平成2年] ロバーツ・シントー社(アメリカ)とロバーツ社が合併
新城製作所を建設
通気性金属型(ポーセラックスII)開発


1991年[平成3年] シントー・アメリカ社をアメリカに設立
パンアブレーター社をシンガポールに設立
微細造粒機(GRC型)開発
液晶セル組立装置「セルフォーマ」開発
1992年[平成4年] 抗菌セラミックス開発
1993年[平成5年] 新東サーブラスト(株)を設立
新東Vセラックス(株)を設立
青島百利達鋼丸有限公司を中国に設立
液晶パネルのラビング装置(LAB型)を開発
液晶パネルのラビング装置(LAB型)を開発
1996年[平成8年] 青島新東機械有限公司を中国に設立
中日本電子(株)に資本参加
ホイールアブレーター・シントー・ド・ブラジル社を完全子会社化
(社)日本機械工業連合会から優秀省エネルギー機器会長賞を受賞(新東サーボシリンダ)
超硬ショットを開発
自硬性抜枠ラインを開発
オイルミストコレクタ(OMC型)を開発
1998年[平成10年] シントーアメリカ社がバレル研磨機の販売会社フィニッシングアソシエイツ社(アメリカ)を設立
ロバーツシントー社が鋳造設備メーカーのサンドモールドシステムズ社(アメリカ)を買収
ケミッシュ・テルミッシェ・プロツェステクニーク社(オーストリア)とガス浄化システム(RTO)について技術提携
ケスラールフ社(ドイツ)と集塵換気システムについて技術提携
「マイクロブラスト工法」開発
(財)東海技術センターとダイオキシン類の測定分析で業務提携
1999年[平成11年] 新東Vセラックス(株)と新東冷間鍛造(株)を合併
豊川製作所において品質保証機構(JQA)よりISO9001認証を取得
新東ダストコレクタ(株)が環境マネジメントシステムISO14001認証を取得
新城製作所において環境マネジメントシステムISO14001認証を取得
販売会社(株)シーエフエスを設立
セラミックス用「熱衝撃破壊試験装置」を東邦ガス(株)と共同開発
アルミ生型低圧鋳造法を開発
線材ブラスト機を宮崎精鋼(株)と共同開発

(社)日本機械工業連合会から優秀省エネルギー機器会長賞を受賞(砂再生装置USR型)


ページトップ

2000年~

社業のあゆみ 技術開発の歩み
2000年[平成12年] 新東ダストコレクタ(株)と中部新東工業(株)を合併し新東エコテックカンパニーおよび新東ブラステックカンパニーが発足
新東工営(株)をエムエステック(株)に社名変更
エアレーション砂充てん技術を用いた枠付造型機「ACEシリーズ」を開発
高導電性プラスチックを開発
脱臭機構付き小型シェル造型機、アルミ仕上装置、傾動注湯ユニットを開発
ダイオキシン類対策用小型集塵機と掃除機を開発
環境対応型の砂型造型機「ACEシリーズ」を開発
2001年[平成13年] 九華産業(株)、飛建産商(株)および中部シントー(株)を合併し中部シントー(株)が発足
新東ブレーター(株)に中日本電子(株)を合併
本社を名古屋市中村区の大名古屋ビルに移転
「光触媒シリカゲル」を名古屋工業技術研究所(現 産業総合技術研究所)と共同開発
伸線用ショットブラストマシン「SMI-0」を開発
中日本電子(株)が「粒子カウント法」を採用した試験装置を東京濾器と共同開発
コークスベッド式灰溶融炉設備を開発
2002年[平成14年] 藤和電気(株)と藤和機工(株)を合併し藤和電気(株)が発足
新田ゼラチン(株)から集塵装置の営業権を譲り受け
韓国新東工業(株)に韓国ブレーター(株)を合併
景観商品の簡易清掃システム工法を開発
ダイオキシンを高効率で分解する新触媒フィルターを開発
2004年[平成16年] インドに駐在員事務所を開設 エアレーション砂充てん技術を用いた抜枠造型機FCMXシリーズを開発
2006年[平成18年] 西部新東工業(株)、エムエステック(株)、中部シントー(株)三社を統合  
2007年[平成19年] 米国ロバーツ・シントー社の出資によるメキシコ法人を設立
東部シントー(株)、東伸産業(株)の二社を統合
 
2008年[平成20年] 新東工業商貿(昆山)有限公司を中国に設立  
2009年[平成21年] 新東工業株式会社と新東ブレーター株式会社が一体化  
2010年[平成22年] 浙江新東鋼丸有限公司を中国に設立
オーストリア国CTP社に資本参加
新東Sプレシジョン株式会社設立
表面処理プロセスD-FLOWを開発
2011年[平成23年] インド駐在員事務所を法人化し、シントーエンジニアリングインディア社を設立  
2012年[平成24年] 本社を名古屋市中区錦 名古屋インターシティ10Fに移転
シントー・インドネシア社を設立
シントー・バラット・マニュファクチャリング社をインドに設立
表面処理プロセスD-SCC、D-CHECKを開発
LEDエピウエハ反り矯正装置を開発
2013年[平成25年] 広州新中通機械有限公司を中国に設立  
2014年[平成26年] シントー・アメリカ社がテクニカル・メタル・フィニッシング社(アメリカ)を買収
(株)エアレックスに資本参加
ドイツのフロン社に資本参加
非破壊検査装置を開発
オフラインX線応力測定装置を開発
2015年[平成27年] 新東工業㈱にタケダ機販を合併
ドイツのレンペ社へ資本参加
本社を名古屋市中村区 大名古屋ビルヂング24Fに移転
インライン対応X線応力測定装置を開発
2016年[平成28年]    

このページのトップへ