• 商品情報
  • 産業とのかかわり
  • サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ
  • 採用情報
  • 鋳造
  • 表面処理
  • 環境
  • メカトロニクス
  • 型・成形
  • 粉体処理
  • 検査・測定
  • セラミックス
  • 物流・搬送

HOME > 商品情報 > 環境 > 商品ラインナップ > 排ガス浄化装置(VOC/脱臭)

排ガス浄化装置デオサーモ(VOC・悪臭の分解除去)

日本産業機械工業会会長賞受賞

排ガス浄化装置デオサーモ(VOC・悪臭の分解除去)

お客様のご要望に合わせて、最適な排ガス浄化をご提案します

  • 現場測定、設計、据付、サポートまで一貫して行うエンジニアリング
  • 効率的なVOC分解性能、省エネルギーを可能にするシステム
  • 豊富な経験と実績によって培われたノウハウ

VOC規制に関する情報はこちらへ

VOC(揮発性有機化合物)規制と悪臭規制について

国としては、平成15年から事業所ごとの特定化学物質の排出量が公表、翌年には大気汚染防止法が改正され、VOC排出削減が大きくクローズアップされてきました。
また近年、”におい”に対して敏感になってきており、悪臭防止法による規制、近隣からの苦情対応が急がれています。
これに対して、新東は省エネルギーと高効率を兼ね備えた「排ガス浄化装置」をお届けし、VOCの分解・悪臭対策、さらに熱エネルギーの効果的な活用を含めてご提案します。

VOC(揮発性有機化合物)規制と悪臭規制について

VOCや臭気を分解除去する、新東のハニカム蓄熱体による排ガス浄化システム

2塔式燃焼方式

2塔式燃焼方式
  1. VOCを含む処理対象ガスは、一方のハニカムセラミックス蓄熱体A(以下ハニカム)内を通過し、受熱をしながら燃焼室に供給されます。
  2. VOCは燃焼室内で800℃以上の温度となり燃焼分解されます。
  3. クリーンになったガスはハニカムBに熱を与えながら通過し排出されます。
  4. 一定時間経過後、ダンパでガス流路を切替え、逆にハニカムB側からVOC処理対象ガスを導入させ、燃焼室を通過、ハニカムAが出口となり排出されます。2つの流路を繰り返し熱を授受することでわずかなエネルギーで燃焼分解を連続的に継続させます。

※高効率型の3棟式、回転式もラインナップしています

高い熱交換効率を生み出す蓄熱体

ハニカムセラミックス蓄熱体

  • 効率的なVOC分解性能、省エネルギーを可能にします
  • 処理ガス性状に合わせて、最適なハニカムを選定しております
  • 性能を維持する為の定期的な点検もお任せください
ハニカムセラミックス蓄熱体

工場完成品をお届け(パッケージ型のみ)

工場完成品をお届け(パッケージ機のみ)工場より完成品をクレーンで出荷。
現地での組み立て等の作業がないため、工事期間を大幅に短縮できます。

ラインナップ

排ガス浄化装置デオサーモ ラインナップ

様々な業界・工程でデオサーモをご利用いただけます。

新東の排ガス浄化装置デオサーモは、さまざまな業界・工程で活躍しています。

直接燃焼設備の更新に

蓄熱燃焼式ETSPシリーズ

蓄熱燃焼式は4年を超えるとトータルコストがお得(当社比)

廃熱の有効利用

廃熱利用 コータ(塗工)ラインでの熱エネルギー有効活用例

3000ppmC以上では自燃が始まり、燃料が不要になります。

濃縮装置との組み合わせ

濃縮装置 濃縮ユニット 濃度の低いVOCは濃縮して処理するとお得

導入計画から納入後のメンテナンスまで

排ガス浄化は新東にお任せください。

環境に関連するご相談は、私たちにお任せ下さい。環境事業部 営業グループ

0533-95-4010 0533-95-4013

受付時間/月~金曜日 9:00~12:00、13:00~17:00(祝祭日・弊社休日を除く)

お問い合わせはこちら

このページのトップへ