• 商品情報
  • 産業とのかかわり
  • サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ
  • 採用情報
  • 鋳造
  • 表面処理
  • 環境
  • メカトロニクス
  • 型・成形
  • 粉体処理
  • 検査・測定
  • セラミックス
  • 物流・搬送

HOME > 商品情報 > 表面処理 > 加工内容 > きたえる

きたえる

各種成形品毎に最適なショットピーニング技術をご紹介します。

効果

  • 放熱性の向上
  • 残留応力の付与
  • 疲労強度向上
  • 応力腐食割れ性の向上
  • 流体抵抗の減少
  • 成形
  • 封孔
  • 削食
  • 耐摩耗性の向上

主な加工事例

金属製品のショットピーニング

金属部品のショットピーニング

金属製品の疲労強度を向上させるには、主にエアーブラスト装置(サンドブラスト装置)、ショットブラスト装置をご提案いたします。

エアーブラスト装置(サンドブラスト装置)、ショットブラスト装置によるショットピーニング

ギヤ

ギヤのショットピーニング

コイルスプリング

コイルスプリングのショットピーニング

タービンブレード

タービンブレードのショットピーニング

圧力容器

圧力容器のショットピーニング

ショットピーニングに使用される装置及びその特長

装置 処理の特長
エアーブラスト装置
(サンドブラスト装置)
  • ノズルから投射材を噴射することで局部のピーニング処理が可能
  • 装置の方式により1個流し処理とバッチ処理の選択が可能
ショットブラスト装置
  • 大量の投射材を投射できるのでサイズの大きな製品や多量の製品の大面積のブラスト処理ができ、一度に多くの製品を処理できるため効率がよい
  • 装置の方式により1個流し処理とバッチ処理の選択が可能

ブラストに関連するご相談は、私たちにお任せ下さい。ブラスト事業部 管理グループ 企画チーム

0533-93-3251 0533-93-5415

受付時間/月~金曜日 9:00~12:00、13:00~17:00(祝祭日・弊社休日を除く)

このページのトップへ