• 商品情報
  • 産業とのかかわり
  • サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ
  • 採用情報
  • 鋳造
  • 表面処理
  • 環境
  • メカトロニクス
  • 型・成形
  • 粉体処理
  • 検査・測定
  • セラミックス
  • 物流・搬送

HOME > 商品情報 > 表面処理 > 技術情報 > ダイカスト製品の歪み抑制バリ取り技術

ダイカスト製品の歪み抑制バリ取り技術

ダイカスト製品の薄肉化・軽量化に伴いショットブラスト加工を行う際に製品の歪み・変形の抑制が課題となっております。弊社では、最新の技術により歪み・変形の発生を抑制したバリ取り工法をご提案します。

歪み抑制により品質向上に貢献します。

歪み抑制技術のポイント

広範囲型インペラーの搭載により、ダイカスト製品の歪み抑制バリ取りに対応します。

直進型インペラー

直進型インペラー

ショットが集中的に投射されるため歪みが発生しやすい。

広範囲型インペラー

広範囲型インペラー

ショットが分散して投射されるため歪みが抑制される。

※上記はあくまでもイメージ図です。実際の投射パターンとは異なります。

加工事例

パソコンケースの歪み抑制バリ取り事例

処理前

処理前

処理前

処理後

処理後

ブラストに関連するご相談は、私たちにお任せ下さい。ブラスト事業部 管理グループ 企画チーム

0533-93-3251 0533-93-5415

受付時間/月~金曜日 9:00~12:00、13:00~17:00(祝祭日・弊社休日を除く)

このページのトップへ