• 商品情報
  • 産業とのかかわり
  • サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ
  • 採用情報
  • 鋳造
  • 表面処理
  • 環境
  • メカトロニクス
  • 型・成形
  • 粉体処理
  • 検査・測定
  • セラミックス
  • 物流・搬送

HOME > 商品情報 > メカトロニクス > サーボシリンダ > サーボシリンダの仕組み

サーボシリンダ(電動シリンダ/電動アクチュエータ)の仕組み

新東サーボシリンダ(電動シリンダ/電動アクチュエータ)は、モータの回転数をコントロールすることで、「伸ばす」「止める」「縮める」を制御します。

構造

サーボモータの回転をボールねじによって直線運動に変換します。モータの回転数を制御することで、正確な位置制御が可能になります。さらに、新東独自のロードセルにより荷重を検知し、制御系にフィードバックすることで荷重制御を行います。

構造

動作

時間・位置・荷重を数値設定することで、サーボシリンダ(電動シリンダ/電動アクチュエータ)を自在に制御することができます。

メカトロニクスに関連するご相談は、私たちにお任せ下さい。特機事業本部 営業グループ メカトロ営業チーム

0533-85-3552 0533-85-3207

受付時間/月~金曜日 9:00~12:00、13:00~17:00(祝祭日・弊社休日を除く)

お問い合わせはこちら

このページのトップへ