• 商品情報
  • 産業とのかかわり
  • サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ
  • 採用情報

HOME > 企業情報 > CSR > 社員とともに

社員とともに

人材こそ企業にとっての最大の財産であり、その成長が企業全体の発展につながるとの「活人主義」の考えのもと、社員の技能・知識・実践力を高める取り組みを行っています。
さらに安全で快適な、いきいきと働ける職場環境づくりを推進しています。

心と体の健康管理

  社員が心身ともに健康を保ち、いきいきと働くことができる職場環境を提供することは、企業にとって非常に重要な課題の一つになっています。新東は、グループ全体の「健康経営宣言」を掲げ、健康管理体制の充実、疾病の予防・早期発見、メンタルヘルス対策などに取り組んでいます。

健康経営宣言

  新東グループは、人材こそ企業にとっての最大の財産であり、その成長と活躍が企業全体の発展につながると考えています。この「活人主義」の考えのもと、人間性を尊重し、社員が心身ともに健康で、一人ひとりが輝きある人材として自身の役割を最大限に発揮できる会社づくりに努めます。
  そのため、会社、健康保険組合、労働組合が一体となった組織的な健康施策を推進するとともに、社員とその家族自身が行う健康づくりを積極的に支援していきます。また、労働力の確保、社会保障負担の軽減などが期待され、社会的な要請でもある「健康寿命の延伸」にも貢献していきます。

健康経営の推進

  社内に健康経営を推進する専門部署を設置するとともに、担当役員の指揮のもと、全社横断的な「健康推進会」を毎月定期開催し、社員の心身両面からの健康づくりのための、職場環境の充実、疾病の予防・早期発見、メンタルヘルス対策、家族への健康サポートなどの各種施策を企画・立案し、全社に展開しています。

メンタルヘルスの取り組み

  こころの健康維持・増進は重要な課題の一つです。メンタルヘルスの理解度向上と正しい知識の取得のため、社内報を活用した定期的な情報発信やメンタルヘルスに関する冊子の配布を行っています。また、各職場でのセルフケア勉強会、管理職に対するラインケア研修等を継続的に実施しています。また、メンタルヘルスアンケートの実施や産業保健スタッフによる相談等を通じた異常の早期発見・治療にも取り組んでいます。

少人数でのメンタルヘルス勉強会
少人数でのメンタルヘルス勉強会

社員へ自己研鑽の場を提供

  当社は、会社の成長の源泉は人材であり、社員には生きがいをもって活き活きと働いてほしいと考えています。その思いを人材の活性化「活人主義」として掲げ、社員の成長のためのさまざまな研修プログラムを織り込んだ教育体系を構築しています。
  近年、加速するグローバル化へ対応するため、グローバル人材の育成にも注力しています。グローバルで活躍することを期待される社員に対し語学力と異文化マネジメント研修を実施しています。加えて、社員の意思による海外の大学・研究機関への留学を支援するグローバルチャレンジ制度を展開し、チャレンジマインドを醸成・支援しています

『自信が持てる話し方』研修
『自信が持てる話し方』研修

ワークライフバランスの実現

  ワークライフバランスの実現のためには、労働時間短縮が大きな課題の一つであり、当社でも積極的に取り組んでいます。定期的に「ノー残業デー」を設定し、定時退社の習慣化など、時間に対する意識を高め、計画的かつ効率的な業務遂行の推進を全社員で取り組み、時間外労働の削減を目指しています。
  また、有給休暇の取得促進のため、取得計画の作成など、休暇を取得しやすい職場づくり、雰囲気づくりに取り組んでいます。今後も社員一人ひとりが、家庭と仕事の調和を実現できるよう、推進していきます。

福利厚生施設の充実

  社員の福利厚生施設を充実させるため、独身寮を建替え、一宮事業所の食堂を新設しました。独身寮の建替えにあたっては社員の希望を多く取り入れ、安らぎとコミュニケーションが図りやすい施設としています。屋外にはウッドデッキやミニグランドも併設し、社員のリフレッシュの場ともなっています。
  また、一宮事業所の食堂も、一緒に働く仲間とのコミュニケーションの場としての活用をコンセプトとして、明るく楽しめる食堂としました。明るい雰囲気の中で美味しい食事とコミュニケーションの場として大変有意義に活用されています。

独身寮

独身寮

一宮事業所 食堂

一宮事業所 食堂

このページのトップへ