sinto support system

サイクルタイムの見える化でボトルネックの工程を発見。
ダウンタイムの削減、予知保全にも役立ちます。
サイクルタイム見える化
(プロセス可視化システム)
ePVS ※ePVSはBEET.INCの商標です

生産ラインを24時間健康診断

生産ラインを24時間健康診断イメージ画像

ePVSは、設備のサイクルタイムを24時間見える化、そのデータから工場設備のラインバランスを最適に保つシステムです。設備の健康を見える化したデータは、様々な視点で分析でき、お客様の改善活動をご支援します。

こんなお悩みはありませんか?

生産ラインの心音をキャッチして解決

生産ラインの健康診断は、設備の心音を聴いてサイクルタイムを見える化する事から始まります。設備の心音とは、最小単位の生産プロセスである『各アクチュエーター動作(サイクルタイム)』です。
この動作を基準値と比較し続ける事で、サイクルオーバーの検出にて『非定常なボトルネックの顕在化』、『アクチュエーターの異常予知』が可能となり、速やかな対応が可能となります。

サイクルタイムオーバーを検出

お客様の改善活動をご支援

実例ご紹介改善した鋳造設備の
30日間レポート

1.生産性向上

生産のボトルネック(機械・ヒト・ライン)を分析

待ちが少ないと認識していた工程が、日や時間帯によってはサイクル遅延のネックになっていたことを発見できました。

注湯工程のタイムロスを誤認

注湯工程のタイムロスを誤認

【ライン待ち分析】から遅延を発見

2.保守性向上

サイクルタイムの変動による、センサー不具合の早期発見

抜枠シリンダの鋳型確認用光電スイッチの埃付着による不具合による抜枠工程の動作の変動を早期発見し抜枠時の鋳型への影響(押付)を防止できた。

光電スイッチの汚れ

光電スイッチの汚れ

【サイクルタイムグラフ】から原因を発見

3.業務効率化・働き方改革

生産プロセスのデータ収集や報告作業の効率化

画面で結果が見えるので、報告書の作成や持ち回りの手間を省く事ができました。

多くの資料を作るのは大変机に資料があふれる

多くの資料を作るのは大変
机に資料があふれる

【総合管理プラットフォーム】により
生産性と保守性を見える化

【異常停止回数/時間レポート】により
異常の推移を確認

ePVSのシステム構成

生産プロセスのデータ収集や報告作業の効率化

PLCによるデータ収集ができ、Webブラウザの環境さえ有れば、簡単にシステム導入が可能。追加のセンサー、専用ソフトウェア、専門のIT知識は不要。

ePVSソフトウェア

動画をご覧ください

お電話でのお問い合わせはこちらへ

新規事業PJ推進 B-プロジェクト

0533-95-2075

受付時間 / 月~金曜日 9:00~12:00、
13:00~17:00(祝日・弊社休日を除く)

お問い合わせフォームでのお問い合わせはこちらへ

お問い合わせはこちら