• 商品情報
  • 産業とのかかわり
  • サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ
  • 採用情報
  • 表面処理
  • 環境
  • メカトロニクス
  • 粉体処理
  • 検査・測定
  • セラミックス
  • 物流・搬送

HOME > 商品情報 > 環境 > 商品ラインナップ > 廃水処理装置 > 膜分離活性汚泥処理装置 SKO-M

膜分離活性汚泥処理装置 SKO-M

膜分離活性汚泥処理法は従来の活性汚泥法とは異なり、中空糸膜を曝気槽に直接浸漬し、ろ過膜表面で固液分離する処理方法です。MLSSの濃度を高め、効率よく浄化精度の高い処理を行うことができ、余剰汚泥の発生量を大幅に削減します。

膜分離活性汚泥処理装置 SKO-M

特長

  • 余剰汚泥発生量を低減
    MLSSを高く維持でき余剰汚泥の発生量を大幅に削減します。
  • 清澄度抜群の処理水
    0.1μmの中空糸膜モジュールの採用により処理水の清澄度は抜群です。
  • 運転操作・管理が容易
    沈殿槽が不要なため、フロックの流出もなくバルキング防止の管理も不要です。
  • 省スペース
    負荷変動に強く計量槽、沈殿槽、ろ過機は不要です。
  • 用途
    食品加工廃水、食堂廃水、生活廃水、各種産業廃水などの高濃度有機廃水 等

環境に関連するご相談は、私たちにお任せ下さい。エコテックカンパニー 営業グループ

TEL:0564-83-5070 FAX:0564-63-6536

受付時間/月~金曜日 9:00~12:00、13:00~17:00(祝祭日・弊社休日を除く)

お問い合わせはこちら

このページのトップへ