• 商品情報
  • 産業とのかかわり
  • サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ
  • 採用情報
  • 鋳造
  • 表面処理
  • 環境
  • メカトロニクス
  • 粉体処理
  • 検査・測定
  • セラミックス
  • 物流・搬送

HOME > 商品情報 > 鋳造 > 商品ラインナップ > アルミ鋳物関連設備 > 後処理設備

後処理設備

アルミ鋳物仕上げ装置 FCA型

複数の専用加工機で処理しているバリ取り、堰切断、面加工、穴明けなどの仕上げ工程を一台のユニットセルに統合。
高剛性構造の採用で、精密加工を高速処理。

エンドミル:バリ取り

フェイスミル:荒面加工

サーキュラソー:堰切断

ドリル:下穴あけ

特長

  • 生産計画にフレキシブルに対応

    ダイカストマシンや低圧鋳造機に1対1で設置することで、きめ細やかな生産計画に対応。

  • バリ取から機械加工まで1セルで連続処理

    ATCやタレットヘッドから必要工具を取り出し、複雑な加工品も処理可能。

  • 汎用性が高く仕掛け変更が容易

    NC多軸制御、ロボットの活用、簡単なツール選択で仕掛け変更が容易。

  • 省スペースを可能にしたコンパクト設計

    ドライ加工で廃水処理不要。

  • システムでご提供

    ⇒前後工程を含めたセルやラインでご提供。

仕上げシステム例 シリンダヘッド用仕上げライン

事例1
  • 湯口切断~バリ取りまでを1台で加工。
  • 67.5秒サイクル

事例2
  • 湯口切断は1台で一括処理。
  • 55秒サイクル

仕上げシステム例 シリンダブロック用仕上げセル

事例1
  • 面加工・穴あけ・バリ取りを1セルで加工。
  • 100秒サイクル

事例2
  • バリ取りに特化したシンプル構造。
  • 47.5~65秒サイクル

鋳造に関連するご相談は、私たちにお任せ下さい。鋳造事業部 営業グループ

TEL:0533-84-1135 FAX:0533-84-3953

受付時間/月~金曜日 9:00~12:00、13:00~17:00(祝祭日・弊社休日を除く)

お問い合わせはこちら

このページのトップへ