X線応力測定器用残留応力基準片CMRS

X線応力測定器用 残留応力基準片 CMRS

このような応力の計り方をしている方

校正はゼロ点のみで
実施している

ゼロ点は金属粉末で
確認している

出力されたその応力測定値
“正しさ”は確かですか?

疑問1
対象部品の応力値範囲はゼロ付近ではないが
問題ないのか
疑問2
評価したい材料はバルク(かたまり)のため
そもそも組成が違うが、出力値は確かなのか

新東が開発した残留応力基準片
“CMRS”
が解決します

残留応力基準片“CMRS”とは

お客様製品の残留応力を測定するときに
基準となるものです。

これまでの0MPaや金属粉末ではなく、
ニーズに合わせた応力を付与した金属片です。

普段お使いの測定装置の日々のメンテナンス
にもお使いいただけます。

対象製品を想定した材質、応力値
ラインナップしています。

- 材料、熱処理、ピーニング
お客様が本当にお求めの測定結果を導き出すため
応力測定の需要が多い組合せで基準片を各種ラインナップ。
これまで装置、投射材、測定と、ショットピーニングに関して
培ってきたノウハウをもとに専門のスタッフが加工・検査し、
ご提供しています。

難しい測定原理を理解する必要は一切ありません!
CMRSをお使いいただくだけで、測定が正しいことを確認できます。

残留応力基準片CMRSの使用例

特長
FEATURES

1-1600MPaの高圧縮応力を含め、
4種類の応力をラインナップ
普段評価される対象物に近い残留応力の基準片を選択可能。
材料には、ギア材、ばね材、溶接材の3種類を想定し、ご用意しています。
※ラインナップは応力・材質毎に随時拡充予定
2バルクでの極低応力品もラインナップ
従来の粉末試料ではなく、これまで存在しなかった“バルク”で極低応力確認。
対象物と同じ形態のバルクにより、より信頼性の高い応力測定が可能に。
3測定条件を記載した検査成績書を添付
既知の測定法で検査した結果を添付し、納品。
測定値の比較や、結果の信頼性確認が可能。

用途例

日常検査の前に
測定器の確認用として

測定器差、測定方式の
違いの確認として

管球の劣化など
装置不具合の確認として

仕様
SPECIFICATION

新東は、“お客様が本当に必要としている商品”の開発を目指しています。
これらラインナップ以外にも、応力値・材質のご要望がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

<特許取得済み>

型式 CMRS-16(高応力) CMRS-08(中応力) CMRS-04(低応力) CMRS-00(極低応力)
公称応力値 -1600MPa -800MPa -400MPa >-50MPa
材質 SCM420
(ギア材)
SUP9
(ばね材)
SM490
(溶接材)
SCM420
SUP9
寸法 W40×D40×H20,mm ※測定時
測定面 φ20mm φ19mm □20mm SCM420:φ20mm
SUP9:φ19mm
内容物 残留応力基準片(防錆紙による梱包)、検査成績書
  • ※寸法は予告せず変更となる場合がございますのでご了承ください。

今だけ応力測定を無料で受付中!

CMRSに関するお問い合わせをいただいたお客様を対象に、
期間限定で無料の応力測定を受け付けております。
詳細はお問い合わせフォームよりお尋ねください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ先

サーフェステックカンパニー 受託事業部 受託営業チーム

受付時間/月~金曜日 9:00 ~ 12:00、13:00 ~ 17:00
(祝祭日・弊社休日を除く)

お問い合わせはコチラ

受付時間/月~金曜日 9:00~12:00 13:00~17:00(祝祭日・弊社休日を除く)