• 商品情報
  • 産業とのかかわり
  • サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ
  • 採用情報

HOME > 採用情報 > 職種&仕事紹介 > 技術職(研究開発)

技術職(研究開発)

「こういう設備がほしかった」といっていただくために。 市野善三 鋳造事業部 技術グループ 開発チーム

市野 善三

鋳造事業部 技術グループ 開発チーム
機械制御工学専攻

最近夢中なこと

趣味のボウリングです。フックボールを購入したのでストレート以外の投球ができ面白みの幅が広がりました。

仕事の内容

いい鋳物づくりを実現する鋳造設備を開発しています。

私は現在、鋳造事業部で「いい鋳物づくりを実現するための鋳造設備の見える化と管理ツール」の商品開発に携わっています。

私の仕事は、お客様が抱える課題の解決策を一緒に考え、商品開発につなげていくことです。
商品開発は、他部門の社員とも協力して進めることが多く、私の担当する鋳造分野とは異なる視点の意見やアイデアが挙がり、その意見が商品開発につながることもあります。

市野善三さん

仕事のエピソード

試作テストから携わっていた開発機が商品化された!

試作テストから携わっていた開発機が商品化された!

私は、商品化前の開発機の能力検証を担当しており、設計者と一緒に工場で開発機のテストを行っています。
予測していなかった結果になった時や期待どおりに機械が動かない時には悩むこともあります。そんなときは設計者と相談し「修正してはテスト、テストしては修正」を繰り返すことになります。
その試行錯誤の結果、目標とする能力を満たすと無事に商品化となります。
担当した開発機が展示会で、多くのお客様から賞賛の声や質問をいただいた時に「この商品の開発を担当できてよかった!」と心から思います。

仕事のやりがい

「この商品を購入して良かった!」の一声に全ての苦労が報われます。

商品化した機械をお客様の工場に納めると、稼動状況の調査のため私自身も開発者としてお客様の工場にお邪魔します。
これは、私が開発を担当した機械の動きや作られた砂型の出来栄え、さらに、最終的につくられるお客様の鋳物製品の状態を確認するためです。
お客様の工場でいい鋳物製品がつくられていることを確認すると、達成感を得るとともに仕事のやりがいを感じます。
お客様に「この商品を購入して良かった!」という言葉をいただけた時が、開発者冥利に尽きる瞬間です。

「この商品を購入して良かった!」の一声に全ての苦労が報われます。

職場の雰囲気

一つの課題をチーム一丸となって解決します。

一つの課題をチーム一丸となって解決します。

私の職場は課題を気兼ねなく周囲に相談でき、一緒になって解決していく連帯感の強い職場です。
開発業務は「機構を考えては試作検証を行い、その結果をもとに新たな機構を考案する」というトライアンドエラーの繰り返しです。
その過程でどうしても一人では解決できない壁に直面するときがあります。
そんなとき、同じチームの先輩が相談に乗って下さり、「こうすれば解決できるのでは?ちょっと一緒に試してみようか。」と遅くまで実験に付き合ってくれたことがありました。

壁を乗り越えた時の達成感と先輩社員への感謝の気持ちは忘れません。
私の職場は、皆がお互いを助け合える環境です。私自身も先輩のようになりたいと思います。

今後の目標

もっともっと新しい商品を開発したい。

まずは、今、私に任されている開発機を商品化することです。
今はその目標に向けて、開発メンバーみんなで知恵を絞り、テストして、失敗して、またテストする。そして考える、その繰り返しの最中です。
私が開発した商品をお客様に使っていただき「こういう商品が欲しかった!ありがとう!」と言ってもらえるような商品を開発したいと思います。

もっともっと新しい商品を開発したい。

このページのトップへ