• 商品情報
  • 産業とのかかわり
  • サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ
  • 採用情報

HOME > 採用情報 > 職種&仕事紹介 > 技術職(機械設計)

技術職(機械設計)

作業環境の向上を図りながら環境保全にも寄与したい。 藤村 光佑 環境事業部 技術グループ 設計チーム

仕事の内容

集塵機の設計を担当しています。

私の所属する環境事業部は、空気の浄化や有害ガスの無害化、汚水の処理など、働く人の健康と安全を守り、地球環境保全に関わる機械をお客様にお届けしています。

現在、私は集塵機の設計を担当しています。集塵機とは、工場の大きな掃除機のようなもので、ろ布という布に工場の空気を通すことで粉塵を取り除き、空気を浄化する機械です。また、集塵機には水分を吸ってべたべたになるような粉塵を除去するものや、塩酸などの有害なガスを除去するものなど様々なラインナップがあります。私の仕事は、お客様のニーズに合わせて最適な集塵機を設計することです。

藤村 光佑

環境事業部 技術グループ 設計チーム
自然科学研究科 物質工学専攻

最近夢中なこと

卓球、バトミントン、英会話、水泳と会社の様々なクラブで活動しています。本年度の「豊川市事業所対抗体育大会」の卓球の試合では、初めて予選敗退という悔しい思いを味わいました。仕事ばかりしていてはダメですね。仕事はもちろん、クラブ活動にも積極的に取り組みたいと改めて思っています。

加えて、資格取得にも積極的に挑戦しています。製図に関する国家資格“機械プラント製図1級”を取得するために勉強中です。

藤村 光佑

仕事のエピソード

目の前で作業環境がみるみると改善されていったことに感動。

目の前で作業環境がみるみると改善されていったことに感動。

先輩社員が手がけた集塵機の試運転で、東北地方にある会社に出張しました。その会社の工場環境はとても悪く、工場内の壁が粉塵で見えないほどでした。溶解炉の粉塵のため、作業者はマスク・メガネ必携の環境でした。そこに当社の集塵機を設置し試運転を始めると、工場の反対側の壁がみるみる見えるようになりました。その光景を目の当たりにしたときは、とても感動しました。私達の仕事がお客様の役に立っているんだということを強く実感したエピソードです。

仕事のやりがい

最初から最後まで、自分で携われることに責任とやりがいを感じます。

私の所属する設計部門では、お客様と打ち合わせを重ね、予算と希望に応じた集塵機の提案設計を行っています。仕様が決まると、私達設計が部品の図面を作成し、その後、後工程の部門が部品の調達及び製作、組立、試運転を行います。設計者として、自分が描いた図面をもとに、ものづくりの最初から最後まで自分の会社の内で携われる点にやりがいを感じます。また、お客様から「工場がキレイになったよ、ありがとう」と声をいただくと、うれしさとやりがいを感じますね。

色々な部門の方に日々、助けられています。

職場の雰囲気

色々な部門の方に日々、助けられています。

色々な部門の方に日々、助けられています。

ある時、お客様から厳しい納期で集塵機を納めてほしいという要望を頂いたことがありました。その際、生産管理や資材調達など、様々な部門に協力を働きかけ、私も少々無理な依頼をしました。その依頼に対して「すべてはお客様のためだから」と皆さん快く協力してくれました。おかげで、無事納期にも間に合わせることができました。私の仕事は多くの部門の皆さんに助けられていることを感じています。

今後の目標

日本中の工場をクリーンな環境に。

当社の集塵機を導入することでマスクなしでも作業ができるような環境をお届けすることが可能です。まるでオフィスで仕事をするのと同じような感覚で作業ができる環境を作り出すことが目標です。さらに、日本中の工場をクリーンな環境にして、そこで働く人々に安全かつ健康に作業ができる環境を作り出したい!というのが大きな夢です。

社内外から信頼される営業になりたい。

このページのトップへ