• 商品情報
  • 産業とのかかわり
  • サポート
  • 企業情報
  • 投資家の皆様へ
  • 採用情報

HOME > 採用情報 > 職種&仕事紹介 > スーパーバイザー

スーパーバイザー

お客様にベストな設備をお届けしたい。
 牧野 礼於 鋳造事業部組立工場

牧野 礼於

鋳造事業部 組立工場
ロボティクス学科

最近夢中なこと

機械に対する知識や、現地の言葉など、仕事に活かせるスキルを一つでも多く身に着けることです。

仕事の内容

鋳造設備の組立及びスーパーバイザーとして現地据付指導を担当しています。

据付指導員を「スーパーバイザー」と呼びます。スーパーバイザーは、国内はもちろん、世界中のお客様のもとへ出向き、現地の作業者が安全に据え付けを行えるように指揮・監督する仕事です。これ以外にも組立工場で設備の組立と試運転も行います。

現在、私はスーパーバイザーとして組立や据え付けの仕事を担当し、様々な据え付け技能や知識を習得することにやりがいを感じています。

牧野礼於さん

仕事のエピソード

多くの協力があって貰えた社内の年間特別賞。

多くの協力があって貰えた社内の年間特別賞。

私は昨年、鋳造設備の海外据え付けを担当しました。
この設備は、当社の製品の中では比較的小さく動きも簡単でしたが、新しい設備だったため、据え付け現場で何度か問題が発生しました。
問題に対して現地作業者や技術者と一緒になって素早く対応したため、納期に遅れることなく、設備を無事稼働できました。

最終工程として設備を無事にお客様の工場で稼働させるというミッションを果たせたときに、私はこの仕事をしていてよかったと感じます。

ちょっと自慢ですが、この据え付け案件で当社の年間特別賞を受賞しました。もちろん、私一人の力だけではなく様々な方の協力があったから受賞できたものだと思っています。

仕事のやりがい

難しい仕事であるほど燃えます。

お客様の工場に設備を据え付けるときには、稀に大きな問題に直面することもあります。
そんなときこそ私は、「絶対に問題を解決してやろう」という意欲で仕事に取り組むようにしています。そう思うようになったのは、ある工場のお客様から「ありがとう。よくやりきってくれた。」と言葉をいただけたことがキッカケです。
私の“何としてもやりきる”という仕事への姿勢を「よくやりきってくれた」という言葉でお客様から評価いただいたとき、大きな達成感と仕事のやりがいを感じました。

難しい仕事であるほど燃えます。

職場の雰囲気

明るく、ときには厳しく。笑いの溢れる職場です。

明るく、ときには厳しく。笑いの溢れる職場です。

据え付けや試運転の仕事をするためには、「空気圧」「油圧」「電気」に関する技術的な知識が必要です。
これらの知識を全て修得するのは大変です。
私の所属する組立工場では、先輩がその基礎知識を一から丁寧に教えてくれます。
時には厳しく叱られることもありますが、やる気さえあれば、決して見捨てられることはありません。

職場の雰囲気は明るく、休日もみんなで集まって遊んだりと大変仲が良いです。また、年齢の近い社員だけでなく、上司も冗談を言ったり、笑いが絶えない職場なので仕事の悩みも気軽に話せる雰囲気です。

今後の目標

一人前のスーパーバイザーになることです。

これまでにスーパーバイザーとして多くの据え付けを行ってきましたが、「あの作業指示は失敗したな」とか、「先輩だったらもっと効率的にできていたな」とまだまだ私自身の未熟さを感じています。
私が目標としている先輩からも「スーパーバイザーとして一人前になるには10年は必要だ」という話をよく聞きます。
スーパーバイザーは現場責任者として据え付け知識以外にも、作業者管理や工程打合せ、作業場の安全管理など、様々なことに対応する必要があります。

目標とする先輩から多くのアドバイスをもらいながら、早く一人前のスーパーバイザーになれるよう常に考えながら仕事をしています。少しでもその先輩に近づき、10年目を迎えた時に私も先輩のように後輩の目標となるスーパーバイザーになりたいです。

一人前のスーパーバイザーになることです。

このページのトップへ