環境に関する困りごと

粉塵爆発ってなぜ発生する?
どんな対策が必要なの?

粉塵爆発はなぜ発生するの

生産現場のあらゆる工程で発生する粉塵。500ミクロン以下の大きさの粉体に火花や静電気などが引火して爆発することがあります。
その破壊力は人や設備に甚大な被害をもたらします。

▼爆発が発生する3要素

粉塵爆発から働く人や設備を守るために

▶ 粉体の性質・性状を知る

粉体の爆発性有無や爆発の危険性は試験によって評価することができ、その粉体の性質・性状を知ることでどのような対策が必要かを判断します。
当社では粉体の粒径測定機器や爆発性試験設備を完備しており、粉体の特性評価を行っております。

爆発試験装置

粉体の特性評価

  • 爆発下限濃度
  • 最小着火エネルギー
  • 爆発圧力および圧力上昇速度
危険等級 粉体例
St1 小麦粉、砂糖、亜鉛など
St2 コルク、コーンスターチなど
St3 アルミニウム、マグネシウムなど

▶ 爆発性粉塵への対策

粉塵爆発の危険性を抑制出来る集塵機のご提案

St1/St2の場合

St3の場合

▶ 爆発性粉塵でない場合の対策

粉塵の性状・性質に合わせたご提案のご提案

爆発性はないが、可燃性がある場合

取り扱う粉塵の性状・性質を
知ることが、
職場における安全対策の第一歩となります!

エコテックカンパニー
 営業グループ

0564-83-5070

0564-63-6536

受付時間/月~金 9:00~12:00、13:00~17:00(祝祭日・弊社休日を除く)

↑