みがく

複雑形状の平滑化とは

複雑形状の平滑化とは

ギアへの平滑加工プロセス

狭小幅のギア歯面など、バレル研磨ではメディアが当たらず加工が難しいような複雑形状に対し、
平滑加工が可能な技術です。削食性が高く、ピーニングと組み合わせることで、平滑化と同時に圧縮残留応力のピーク部分の露出が可能です。

超平滑研磨技術

ラッピングやバレル研磨などの他工法と比較し、高い汎用性と品質向上を実現します。

  • 品質向上
    1個処理で打痕発生がなく、複雑形状の平滑加工も容易です。
  • 高い汎用性
    ラッピング処理と比較し、各歯車形状ごと段替え作業が不要なため、生産性が高いです。
    また、工具の損耗による仕上形状変化に対する管理も不要で、扱いやすいプロセスです。
    加工対象サイズについても、中・小物から大物まで幅広く対応可能です。
  • 短い加工時間
    噴射加工プロセスのため、加工時間が短いです。

効果

1.表面粗さ低減

表面を平滑に調整し、摺動性を向上します。

表面粗さ低減

2.削食が可能

平滑化と同時に削食し、表面の異常層を除去します。

削食が可能
削食が可能
削食が可能

3.応力分布調整

削食により表層を除去し、圧縮残留応力のピーク部分を露出させ、表面の疲労寿命を向上させます。

応力分布調整

関連ページ

サーフェステックカンパニー 
営業グループ

0533-93-3251

0533-93-5415

受付時間/月~金 9:00~12:00、13:00~17:00(祝祭日・弊社休日を除く)

↑