表面評価技術

表面評価技術「Sightia®

Sightia®(サイティア)とは、表面処理をトータルに行う新東工業が開発した、ブラスト及びピーニング処理後の表面に対する評価を行う技術の総称です。

自動車や航空機、建設機械等の構成部品のほか、ばねや金型、工具など、あらゆる業界に貢献する技術です。

ショットピーニング工程の信頼性向上・品質確保に貢献

ショットピーニング工程に表面評価装置を組み込み、インライン全数検査を行うことで、ピーニングプロセスの信頼性向上に貢献します。

目の行き届かない協力工場や海外拠点などでも、製品個々の応力値と処理有無による管理が可能になります!

ショットピーニング工程の信頼性向上・品質確保に貢献 ショットピーニング工程の信頼性向上・品質確保に貢献

インライン組込み例

OK判定の製品は次工程へ流れ、NG判定品はライン外にはじかれます。はじかれた製品はμ-X360sで詳細を分析し、NGとなった原因を特定します。

製品の特長を動画でご紹介

(2分9秒)

インライン組込みイメージ

(42秒)

渦電流非破壊検査装置ECNI-Ⅰ

インライン加工ムラの検出に

(43秒)

X線応力測定装置PSMX-Ⅱ

インライン表面残留応力測定に

渦電流非破壊検査装置ECNI

プローブ内のコイルに交流電流を流して加工程度を測定。 加工漏れ・加工ムラの検査で不良品流出を防止します。

渦電流非破壊検査装置ECNI-Ⅰ、Ⅱ

商品名

渦電流非破壊検査装置
【ECNI-Ⅰ、Ⅱ】

カタログダウンロード

特長

非破壊で加工面全体を検査

ピーニング加工前、加工後の検査で正常加工品と加工漏れ・加工ムラ製品を判定し、不良品流出を防ぎます。

非破壊で加工面全体を検査

判定結果を日時ごとに記録可能

お客様にてデータを管理していただくことにより、日ごとの処理状況が管理可能です。

さらにECNI-Ⅱなら
製品内部を細分化した測定値を
グラフ化して合否を判定

加工状態を2次元グラフで表現

製品内部の加工状況を、連続する周波数の分布として2次元グラフで表現。加工傾向が一目でわかります。

非破壊で加工面全体を検査

判定基準と判定方法を組み合わせることで高度な品質判定が可能

エリア判定

エリア判定

ピーク判定

ピーク判定

面積判定

面積判定

設置方法は3パターン

装置組込み

装置組込み

ライン組込み

ライン組込み

マニュアル検査

マニュアル検査

X線応力測定装置PSMX-Ⅱ

インラインタイプのX線応力測定装置です。一個流し工程に組み込むことで、サイクルタイム内に表面残留応力の全数検査を行います。

X線応力測定装置PSMX-Ⅱ

商品名

X線応力測定装置
【PSMX-Ⅱ】

カタログダウンロード

特長

製品個々の表面残留応力を非破壊で測定

アークハイトやカバレージでの工程能力確認による品質管理や、抜取・破壊検査による応力測定に代わり、X線で表面残留応力を全数検査します。

製品個々の表面残留応力を非破壊で測定

世界最速!10秒で残留応力測定

高速測定の実現により、インライン組込みが可能に。サイズも小さくコンパクト。

世界最速!10秒で残留応力測定

ワークに合わせた設定が可能

測定位置や測定箇所数、サイクルタイムなど、ラインに合わせて条件を事前に設定し、最適な測定を行います。

既設機への組込みも可能

新規ピーニング装置へのご提案はもちろんですが、現在ご使用中のピーニング装置への改造も承ります。

高圧縮残留応力を付与した基準片がセットに

これまでの測定値と比較しながら測定条件の調節が可能です。

測定サービス

Sightia®に加え、各種測定装置も取り揃えております。最新の加工設備・測定装置を活用してお客様へ「技術」・「加工」・「評価」の支援をいたします。ブラスト・ピーニングに関する測定は新東にお任せください。

設定項目

測定サービス設定項目

新東で測定をするメリット

  • ブラスト・ピーニングを熟知したスタッフが測定作業を実施
  • 試作加工と測定が一か所で可能なため、 移送・発注の手間と時間の削減に貢献
  • お客様お立合いの上、加工・測定・評価まで実施可能
残留応力基準片CMRS

サーフェステックカンパニー 
受託事業部 受託営業チーム

0533-93-3251

0533-93-5415

受付時間/月~金 9:00~12:00、13:00~17:00(祝祭日・弊社休日を除く)

↑