残留応力基準片 CMRS

出力されたその応力測定値、“正しさ”は確かですか?

本来高度な見識と繊細な測定技術が必要とされる応力測定。

近年では誰でも簡単に測定結果を出力できる測定器が登場していますが、測定値の正確性確認には変わらず専門知識が必要となります。

そこで新東は、誰でも簡単にできる応力測定に対して、誰でも簡単に測定結果の正確性を確かめられるツール“残留応力基準片”を開発しました。

  • 対象部品の応力値範囲はゼロ付近ではないのに、ゼロ点のみで校正を実施している
  • 評価したい材料はバルク(かたまり)なのに、金属粉末でゼロ点を確認している

このような応力結果の確認をしていませんか?

CMRSなら確認したい応力値範囲を同じ組成のバルクで確かめることができます。

商品名

残留応力基準片 CMRS

用途・メリット

応力測定の需要が多い組合せでラインナップ

応力測定を行う加工工程×材料×応力値の組合せで各種ラインナップ

難しい測定原理は一切なし

CMRSを使うだけで、測定器の出力の正確性確認が可能

測定器のメンテナンスに

日常検査の前にCMRSでチェックすることで、測定器に異常がないか確認可能

測定器差、測定方式による違いの確認に

測定器の切り替え検討時などに新しい測定器の信頼性を証明

測定器の不具合確認に

出力値の正しさによって、管球の劣化など不具合の早期発見が可能

仕様

型式 CMRS-16
(高応力)
CMRS-08
(中応力)
CMRS-04
(低応力)
CMRS-00
(極低応力)
公称応力値 -1600MPa -800MPa -400MPa -50MPa
材質 SCM420
(ギア材)
SUP9
(ばね材)
SM490
(溶接材)
SCM420
SUP9
寸法※ W40×D40×H20mm ※測定時
測定面※ φ20mm φ19mm φ20mm SCM420:φ20mm
SUP9:φ19mm
内容物 残留応力基準片(防錆紙による梱包)、検査成績書

※寸法は予告せず変更となる場合がございますのでご了承ください。

サーフェステックカンパニー 
受託営業チーム

0533-93-3251

0533-93-5415

受付時間/月~金 9:00~12:00、13:00~17:00(祝祭日・弊社休日を除く)

↑