みる

ピーニング効果測定の更なる信頼性向上とは

ピーニング効果測定の更なる信頼性向上とは

応力基準片による測定基準の見える化

品質管理の見える化「表面評価技術 Sightia®」
Sightia®(サイティア)とは、新東工業が開発した処理後の表面に対する評価を行う技術の総称です。
非破壊・インラインに対応し、従来とは異なる新しい品質管理プロセスです。
その中でも、X線応力測定時の基準を明確にし、測定の信頼性を向上、ひいては製品品質の信頼性向上に寄与するCMRSをご提案いたします。

残留応力基準片「CMRS」

残留応力基準片「CMRS」

難しい測定原理の理解は 不要 です

評価を希望される対象製品を想定した材質及び残留応力を付与した金属片(バルク)です。
これまでの0MPaや金属粉末による測定基準と比較し、より実態に即した測定が可能となります。
そのため、CMRSをお使いいただくだけで、測定が正しいことを確認できます。

特長

ニーズに応じた材質・応力付与した試験片をラインアップ

-1600MPaの高圧縮応力をはじめ、普段評価される対象物に近い残留応力の試験片からお選びいただけます。
材質には、ギア材、ばね材、溶接材の3種類をラインアップしており、材質・応力共に随時拡充を進めていく予定です。

金属片(バルク)での極低応力品もラインアップ

従来の粉末試料ではなく、これまで存在しなかった“バルク(金属のかたまり)”で極低応力の確認が可能です。
対象物と同じ形態のバルクを基準にすることで、より信頼性の高い応力測定が可能になります。

測定条件を記載した検査成績書を添付

既知の測定法で検査した結果を検査成績書として添付し、納品いたします。
測定値の比較や、結果の信頼性確認にご活用ください。

用途例

  • 日常検査の前に測定器の確認
  • 測定器差、測定方式の違いの確認
  • 管球の劣化など装置不具合の確認

仕様

下記ラインアップ以外にも、応力値・材質のご要望がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

型式 CMRS-16(高応力) CMRS-08(中応力) CMRS-04(低応力) CMRS-00(極低応力)
公称応力値 -1600MPa -800MPa -400MPa -50MPa
材質 SCM420
(ギア材)
SUP9
(ばね材)
SM490
(溶接材)
SCM420
SUP9
寸法 W40×D40×H20mm ※測定時
測定面 Φ20mm Φ19mm □20mm SCM420:Φ20mm
SUP9:Φ19mm
内容物 残留応力基準片(防錆紙による梱包)、検査成績書

※寸法は予告せず変更となる場合がございますのでご了承ください。

X線残留応力測定

インライン

表面残留応力測定に

X線応力測定装置PSMX-Ⅱ

X線応力測定装置
PSMX-Ⅱ

オフライン

詳細分析には

X線応力測定装置μ-X360s

X線応力測定装置
μ-X360s

サーフェステックカンパニー 
営業グループ

0533-93-3251

0533-93-5415

受付時間/月~金 9:00~12:00、13:00~17:00(祝祭日・弊社休日を除く)

↑