つよくする

表面層の加工硬化による品質の安定化とは

表面層の加工硬化による品質の安定化とは

ショットピーニングによる接合部の剛性向上

金属の溶接継手部分は、溶接をしていない原板と比較し、溶接始端部への負荷集中により
疲労強度が著しく低下、そこを起点としたき裂が発生しやすくなります。
溶接継手部分に対し、ショットピーニングを施すことで表面層の加工硬化により疲労強度を改善、
品質の安定化に貢献します。

ショットピーニング

ショットピーニングとは“ショット”と呼ばれる球状投射材を金属表面に投射することにより、材料表面の機能性質を向上させる表面処理です。

ショットピーニングの仕組み
ショットピーニングの効果とメリット
ピーニングについての詳細はこちら

処理事例

溶接による疲労強度低下の改善
溶接による疲労強度低下の改善

未加工品:溶接部分の疲労強度は原板の70%近くまで低下

ピーニング品:溶接部分の疲労強度を原板の90%近くまで改善

品質管理の見える化「表面評価技術 Sightia®

Sightia®(サイティア)とは、新東工業が開発した、ピーニング処理後の表面に対する評価を行う技術の総称です。
非破壊・インラインに対応し、従来とは異なる新しい品質管理プロセスをご提案します。

表面評価技術についての詳細はこちら

サーフェステックカンパニー 
営業グループ

0533-93-3251

0533-93-5415

受付時間/月~金 9:00~12:00、13:00~17:00(祝祭日・弊社休日を除く)

↑