みる

ピーニング効果の見える化とは

ピーニング効果の見える化とは

非破壊検査によるインライン全数検査

品質管理の見える化「表面評価技術 Sightia®」
Sightia®(サイティア)とは、新東工業が開発した処理後の表面に対する評価を行う技術の総称です。
非破壊・インラインに対応し、従来とは異なる新しい品質管理プロセスです。
その中でも、X線応力による世界最速10秒のインライン測定で確実な効果の見える化・品質確保を可能にするPSMX-Ⅱをご提案いたします。

※当社調べ

X線応力測定装置「PSMXーⅡ」

X線応力測定装置「PSMXーⅡ」

世界最速 10秒 で応力測定

世界初! X線応力測定での全数検査

X線応力測定装置として、世界で初めて全数検査を可能にしました。
高出力X線による照射時間の短縮と、画期的な検出方法による短時間分析が可能となり、
製品のトレーサビリティが確保できます。

※当社調べ

特長

応力値の「全数視える化」で品質確保

製品個々の表面残留応力を非破壊で測定できるため、従来の工程能力確認による品質管理や抜取・破壊検査による応力測定に代わり、
X線で表面残留応力を全数検査します。

X線応力測定装置PSMXーⅡ アークハイト・カバレージ測定 抜取・破壊検査
  • 〇インライン組込み
    →省人化でコスト削減
  • 〇サイクルタイム内での全数検査
    →製品そのものを応力測定可能
  • × 手間と時間がかかる
  • × 代用測定のため、製品そのものに
    機械的性質が付与されたか否かが
    分からない
  • × 手間と時間がかかる
  • × 抜取り製品以外のピーニング
    作用は分からない

インライン対応

一旦、位置合わせと速度設定をすれば次々と自動的に測定が可能です。

インライン対応
インライン対応

操作パネルへの表示の他、別途モニターへの表示が可能です。また、パソコンへのデータ転送により測定履歴グラフの作成やバラツキの計算、
予定通りに測定できているかを確認できます。

設置方法

ライン組込み

ライン組込み

既存搬送ライン組込み

既存搬送ライン組込み

処理能否をチェックする渦電流非破壊検査装置「ECNI-Ⅰ」との組合せ及び、ピーニング加工前後の2段階チェックで不良製品を次工程に流しません。
協力工場や海外の工場などで品質問題が起きた場合のトレーサビリティにも効果を発揮します。

測定対象

材質:鉄(フェライト)

測定事例

  • 研磨焼けの有無
  • 熱処理仕上条件 etc.

【オフライン】高精度 高圧縮応力測定「μ-X360s」

高精度 高圧縮応力測定「μ-X360s」

90秒 で高精度測定

ポータブル だからどこでもX線応力測定が可能

X線により、鋼・アルミニウム等の金属表面の残留応力を手軽に、しかも正確に測定できます。
従来の大型測定装置と比べ、高精度・小型化に成功したため、場所を選ばずに測定が可能です。

残留応力基準片「CMRS」

残留応力基準片「CMRS」

効果の基準を明確に

PSMXなどで測定する際の測定基準を明確にします。
測定対象の材質や希望応力値を付与した基準片のため、
「測定精度は正しいのか」という不安を無くします。

CMRSについての詳細はこちら

サーフェステックカンパニー 
受託営業チーム

0533-93-3251

0533-93-5415

受付時間/月~金 9:00~12:00、13:00~17:00(祝祭日・弊社休日を除く)

↑